催眠療法メルマガ第136号

☆★☆────────────────────────────────

~臨床催眠療法博士が語る~

  催眠療法(ヒプノセラピー)

───────────────────  第136号 2016年7月20日号

さて、それでもし、セッションが上手く行かずに、受け手には何も変化が現れずに
禁酒することができなかった、といった場合にどうすれば良いのか、
ということが心配になるところでしょう。

ただ、もしかすると、普段、上手く行かないのが当たり前の催眠療法と称するものの
施術者ならば、そもそもそんな心配ははじめからしてないのかもしれませんが・・・

それはともかくとして、もし、催眠療法が上手く作用しなかった場合、
多くの場合、受け手は本当は禁酒したいわけではなかった、ということがまず考えられる
わけですが、それを断定的に言うわけにはいきません。

当然ですが、しっかりした催眠療法を行ってるならば、それがまず最も可能性の高い
原因であるわけですが、可能性はそれだけに限ったことではないからです。
もっと言えば、たとえ本人が望んでいたとしても失敗することもあるのです。

さらに言えば、そんなことを言ってしまえば、依頼者(彼女)と受け手(彼)の関係に
しこりを残す結果となってしまいます。

そういうわけで、もし、首尾良く、良い結果が現れなかった場合は、原因には触れず、
どうやらうちではお役に立てないようですね、と言って終了するしか道はありません。

これがシンプルに回答です。

で、実際のケースではどうだったか、ご関心はありますか?


(続く)

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
話は何号にもまたがって話してきてますが、
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://hypno.la.coocan.jp/
       http://www.hypnonet.info/
       http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://hypno.la.coocan.jp/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ