催眠療法メルマガ第137号

☆★☆────────────────────────────────

~臨床催眠療法博士が語る~

  催眠療法(ヒプノセラピー)

───────────────────  第137号 2016年7月30日号

さて、実際の催眠療法のセッションではどういう結果になったのか、でしたね。

でも、その前に、ちょっと考えてみて下さい。
それを聞いて何になるのか、ということを。
可能性としては、様々な可能性があるわけです。 もちろん、似たようなケースで
微妙に違った結果や、あるいは全く違った結果が現れてくることもまったく、
珍しくもなんともないわけです。

そして、そういう時に、どういう対応をすれば良いのか、と言う対処の仕方の方が、
一つの実際のセラピーで現れた結果よりも重要ではないでしょうか?

そういうわけで、私宛にメールで、こうこうこういう結果が出た場合には
どういう対処をすれば良いか、という質問を、メールで送っていただきたく思います。
送り先メールアドレスはフッターに書かれてます。

実のところ催眠療法のセッションをしていると、時々、思いもかけない想定の範囲外の
反応を示してくるクライアントさんって結構いるものです。
そのいちいちを細かく覚えているわけではありませんし、たとえ個人を特定できなくても
下手にこうしたメルマガに書けば、プライバシーの侵害にもなりかねませんので、
ここに書くわけにも行きませんが、そもそも、想定というのはないものだとして、
催眠療法のセッションは行うべきものでしょう。

そこで、今聞いてる質問は、あなたが思いつく、あなたならセラピストとしての
対応に困るような反応を、私宛にメールで、ぶつけてきて下さい、ということです。

(続く)

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
話は何号にもまたがって話してきてますが、
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://hypno.la.coocan.jp/
       http://www.hypnonet.info/
       http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://hypno.la.coocan.jp/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ