催眠療法メルマガ第138号

☆★☆────────────────────────────────

~臨床催眠療法博士が語る~

  催眠療法(ヒプノセラピー)

───────────────────  第138号 2016年8月10日号

さて、前回の質問の意味は理解できましたでしょうか?
メールは、もうしばらく待ってみることにしますね。

さて、ではそれに先立って、実際のセラピーではどういった結果が現れたのか、
という話をしようかと思います。

結果は、普通に、彼は禁酒がちゃんとできるようになりました。
やはりそれは彼に希望でもあったということなのです。
こういうことをいちいちごちゃごちゃ考えることではないのです。
こうして結果がすべてを表してくれるのですから。

何も気にせず催眠療法のセッションは行えば良いのです。
あれこれと、あーだろうか、こーだろうか、でもこういう可能性もある、とか、
いちいち考えて何かを心配するようなことではありません。

そうしたことをセラピストの方がいちいち心配しているようでは、
セッションも上手く行くものも上手く行かなくなってしまいます。

要は単純に、本人も希望したことなら、たいていは上手く行く。
上手く行かない場合はもちろん、本人が本当は希望してなかった可能性が高いものの、
それ以外の可能性も種々様々あって、どれかに断定できるというものでもないので、
クライアントさんには、こちらではどうやらお手伝いはできないようです、と言って、
セッションは終了にする、ということなのです。


(続く)

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
話は何号にもまたがって話してきてますが、
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://hypno.la.coocan.jp/
       http://www.hypnonet.info/
       http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://hypno.la.coocan.jp/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ