催眠療法メルマガ第139号

☆★☆────────────────────────────────

~臨床催眠療法博士が語る~

  催眠療法(ヒプノセラピー)

───────────────────  第139号 2016年8月20日号

さあ、こんな質問がきました。

「もし彼がウソついて禁酒したいと言っていたとしたら、
催眠療法の結果は上手く行かないということですが、
それを催眠中に検知することはできないのですか?
もしそれができるなら、途中で軌道修正して、
セッションして行けば良いのではないですか?」と。

そうですね、セッション中に検知できる場合も確かにあります。
もちろん、検知できない場合もあります。
ただ、問題は検知できる場合でも、客観的に検知することはできません。
あくまでこちらの主観に依存してしまいます。
要所要所での受け手の反応を観察して、それに基づいて判断せざるを得ないということです。

つまり、どういうことかと申しますと、あてにはできないということです。
そうした必ずしもあてにできないことを元に、セッションの根幹にかかわる方針を、
いちいちいちいち変更していたのでは、それはセラピーになるものもなりません。

ですので、そうした主観は、取り敢えずおいて置くことになります。
たとえ、これは本当はウソ言ってたな、と強く思わせる反応があったとしても、
そうした主観には影響されないように、必要な内容は最後まで行うのです。
それ以外の催眠療法の道はないのです。 それが依頼された内容なのですから。

そういうわけで、たとえ途中で軌道修正は行わず、最後まで続行するわけです。
そして、最後にどっちかの結果が出るわけです。


(続く)

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
話は何号にもまたがって話してきてますが、
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://hypno.la.coocan.jp/
       http://www.hypnonet.info/
       http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://hypno.la.coocan.jp/mag/




まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ