催眠療法メルマガ第14号


☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第14号 2013年2月20日号

かえってすっかり混乱させてしまったかもしれませんね。

要点は、直接的な暗示の言葉最も良いわけではない、ということでした。

例えば、私学位を取ろうと思って自分に与えた暗示は、
「俺は学位を取る」とかではありません。

あなたも、もし、何かの(大きな)試験みたいなものに受かるために
ご自分に与える暗示は、「自分は試験に受かる」ではありません。

この言葉から得られる状態をちょっと考えてみれば、
分るかも知れません。

あなたはこの言葉からどういう状態与えられますか?

その状態はおそらく人によって随分と個人差大きいかもしれません。
これ問題だというわけではありません
あなたはどうでしたか? これ重要です。

その状態は、これまでにも大きな試験等に受かった時の状態や
出来良かった試験を《受けていた時》の状態と同じでしたか?

もし、そうなら、この言葉は《あなたにとって》は、
適切な暗示の言葉であるとは言えるでしょう。

でも、おそらくそうではなかったと思います。

それでは、そうした言葉を探すの良いと言う事でしょうか?

いえ、それダメだと言ってるわけではありません。

ただ、こうした場合はまさに、全く視点の異なる観点からの
言葉、有効となるケースなのです。

こうした場合の方、実際のセラピーではむしろ多いものです。

今ここでは深く突っ込んだ内容には触れません・・・

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/






まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ