催眠療法メルマガ第140号

☆★☆────────────────────────────────

~臨床催眠療法博士が語る~

  催眠療法(ヒプノセラピー)

───────────────────  第140号 2016年8月30日号


さあ、催眠中に指の観念運動、イデオモーターでクライアントの本当の希望を
調べることはできるのではないかと考えている方もいるかもしれません。

今、指の観念運動、イデオモーターと言ったのは、催眠中に非随意的な筋肉の反応で、
潜在意識からのハイ、いいえ、の単純な答えを引き出す技術なのですが、
(今、この技術の中身にはここでは触れませんが)、この技術を使って、
依頼者ではなくて、催眠療法の実際の受け手の本心を確かめることができるのでは、と
一見して思われるかもしれません。

以前私は、この技術はこうした場合には役に立たない、と申しましたっけ??
触れたことはありませんでしたっけ??
どっちだったか覚えてませんが、この技術は有効な場合と役に立たない場合とがあります。
この場合は役に立たない場合なのです。 むやみやたらとバカの一つ覚えのように
使うものではありません。

ではなぜ、この技術、この場合には使えないかを次回までじっくりと考えておいてください。
いえ、必ずしも、受け手の回答がウソだと断定してるわけではありませんよ。
逆に言えば、もし受け手の回答がウソだと断定できるようなものだったら、
この技術で、受け手の本当の希望を見抜くことが(論理的に)できるわけですから。
ましてや、この技術は使えない技術だ、なんていう話ではありませんよ。
あくまで、「このケースの場合」は役に立たない、という話で。



(続く)

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
話は何号にもまたがって話してきてますが、
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://hypno.la.coocan.jp/
       http://www.hypnonet.info/
       http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://hypno.la.coocan.jp/mag/




まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ