催眠療法メルマガ第141号

☆★☆────────────────────────────────

~臨床催眠療法博士が語る~

  催眠療法(ヒプノセラピー)

───────────────────  第141号 2016年9月10日号


考えていただけましたでしょうか??
この場合、なぜイデオモーターのテクニックが役に立たないかを。

潜在意識からの回答が得られるのなら、役に立たないはずはないように
一見して思えますよねえ?? 思えませんか??
えっ? 何ですか??
潜在意識もウソをつくから役に立たないですか??

潜在意識はあれこれ様々な、いわゆる人間の判断をするようなことはしません。
その意味では、潜在意識がウソをつくようなことはありません。

問題はそこにあるわけではありません。

ここで、とても重要な点に振り返って考えてみて下さい。
そもそも催眠状態というのはどういう状態の事を指してるのでしたっけ??
このメルマガでもかなり以前、発行当初まだ間もない頃にお伝えしてあったと思います。

忘れましたか? 記憶にありませんか?? 困りますねぇ。こうした基本的なことを
忘れてしまうようでは・・・

催眠状態というのは顕在意識と潜在意識が同時に働いている状態です。
わかりますね?? 顕在意識もちゃんと働いているのですよ。
そして顕在意識は、あれこれ状況を判断して取り繕うことだってできるのですよ。
別に顕在意識はウソをつく意識というわけではありませんが、顕在意識は、
状況を見て、ウソだってつける意識なのですよ。

つまり、どういうことかと申しますと、イデオモーターで、イエスノ─を聞かれた時、
顕在意識の判断で、潜在意識からの答えではなくて、普通の意識状態での答えを
意図的に示すことだってあるということです。

この場合、仮に禁酒したくなかったとしても、禁酒したい、という答えを出すことが
容易に考えられるからです。 潜在意識の答えではなくて、それは都合悪いと判断して、
顕在意識からの答えを出す可能性があるからです。

これでは起きてる時に聞いてるのと何らかわりないわけです。
ですので、このテクニックは、この場合、催眠療法のセッションには使えないわけなのです。


(続く)

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
話は何号にもまたがって話してきてますが、
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://hypno.la.coocan.jp/
       http://www.hypnonet.info/
       http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://hypno.la.coocan.jp/mag/




まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ