催眠療法メルマガ第142号

☆★☆────────────────────────────────

~臨床催眠療法博士が語る~

  催眠療法(ヒプノセラピー)

───────────────────  第142号 2016年9月20日号

そういうわけで、イデオモーターのテクニックは万能というわけではありません。
催眠でウソを見抜くなんてことはできることではないのです。

ですが、催眠療法でウソを見抜く必要性なんていうものはそもそもありませんので、
イデオモーターのテクニックの価値が損なわれているなんていうことではありません。

さて、結局は大きな質問が相変わらず残ってますかねえ??
つまり、もし禁酒したいということになっている彼が、もしほんとうはアルコールを
飲んでいたくて、依頼人としての彼女の手前、付き合って受けに来ていた場合、
どうするか?? という質問が。

セラピーで、実際、彼は禁酒する反応が現れたから良かったものの、
そうした成功パターンの反応が得られなかったら、どうするか? という質問です。

何回か前の号で私はその場合、単に、こちらではお役に立てないようです、と言う以外は
ないと述べたわけですが、そんな説明では、依頼人の彼女は、セラピーが本当に失敗したのか、
それとも彼がはじめっから偽って、禁煙したいと自分に嘘をついていたのか、
どっちなのか分からないので、納得しない、彼女にはどう説明するのか??
という質問です。

それは、こう言っては何ですが、彼と彼女の問題です。
施術を行うこちらには、彼が本当はどういうつもりでいたのかなんて、その場合はわからないのですから。
本当にセラピーが失敗した可能性も排除することはできないのですから。

もっとも、彼と面談してる最中、あるいは催眠中の彼の反応から、おおよそのところは、
彼はほんとうは禁酒したいのか、それともただ単に言われたので取り繕うため
しぶしぶ付き合って来ただけなのかの区別はつくものです。
ですが、それは主観の域を出ないことでしかありません。
もし、セラピーで良い結果が得られなかった場合で、彼の意思に疑問を感じた場合には、
セッション終了後に後からメールで依頼人(彼女)には、こちらの感じたことを
伝えても良いかもしれません。 もちろん言い訳に思われる可能性は当然ありますが。

というわけで、こうした類のセッション依頼は本当は、あまり受けたくないのは実際ではあります。


≪お知らせ≫
さて、142号に渡ってこれまで各号、少しづつ少しづつお届けしてまいりました当メルマガですが、
この度、一段落つけまして、お休みすることといたします。
これとは別に、別途サイトを立ち上げ中で。より深く突っ込んだコンテンツを少しづつ少しづつ
掲載中です。 サイトの完成まで、まだまだまだまだ年月を要するとは思いますが、
今後は、当メルマガに代えて、お読みいただければ、と思います。
URLは、http://www.hypnonet.info/therapy/ です。

長い間、当メルマガをご購読下さいまして、どうもありがとうございました。

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
話は何号にもまたがって話してきてますが、
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://hypno.la.coocan.jp/
       http://www.hypnonet.info/
       http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://hypno.la.coocan.jp/mag/




まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ