催眠療法メルマガ第143号

☆★☆────────────────────────────────

~臨床催眠療法博士が語る~

  催眠療法(ヒプノセラピー)

───────────────────  第143号 2017年1月10日号

2017年、あけましておめでとうございます。

昨年9月以来、しばらくお休みしてきてましたが、
本日、新年のあいさつも兼ねて、久しぶりに発行することにいたしました。

今後はどうなるのか、また以前同様に10日、20日、30日に発行するのか、
それとも、全く不定期に発行していくのか、どうなるかはわかりません。

いずれにしても、今年は何かと世の中は変化の大きな年になりそうな
予感がします。 別に私は預言者ではありませんが、
今年は歴史に残るような何かとてつもなく大きな節目になるような年に
なるのかもしれません。

さて、ところで、何かと催眠療法というのは、
大きく分けて、暗示を与えることで何かを実現させるか、
あるいは、退行催眠でトラウマを解消するか、
その二つのどちらかだ、なんて思われているようです。

前者は暗示を潜在意識に刷り込むことで潜在意識を書き換えて、
それに伴って新たに刷り込まれた青写真に従って現実が変わるんだと。

後者は、嫌な出来事を再体験することによって、
それに伴うトラウマが解消されて心の傷も癒されて
まるで生まれ変わったように現実が変わってくるんだと。

ですが、それはどっちも違うのです。
今年はまず、そんな話から始めることにしてみます。

何かそれに関して質問等々がある方は、
ご遠慮なく質問をお寄せください。


(続く)

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
話は何号にもまたがって話してきてますが、
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://hypno.la.coocan.jp/
       http://www.hypnonet.info/therapy/
       http://www.hypnonet.info/
       http://www.12kenkou.com/asahi/

☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://hypno.la.coocan.jp/mag/




まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ