催眠療法メルマガ第144号

☆★☆────────────────────────────────

~臨床催眠療法博士が語る~

  催眠療法(ヒプノセラピー)

───────────────────  第144号 2017年1月20日号

さて、本日は米国でトランプが大統領に就任するはずの日ですね。

それが催眠療法に関係する話というわけではありませんが、
もし何事もなく無事大統領に就任できれば、世の中もこれまでとは大きく違って
一気に良い方向に動きそうですね。 もっとも、すべてが外見上も目に見えて
良い方に動いて行くわけではありませんが、ここにきて現実的にも世の中の流れは
目に見えて変わる、ということになります。

さあ、そこで、催眠療法というのは別に暗示を刷り込むことで何か作用する
療法ではありませんし、また、退行催眠で記憶を思い出すことで、トラウマを
解消して心を癒すような療法でもありません。
ここを間違ってはいけません。

まずは前者から。
ところで、暗示を刷り込むとはどういうことなのでしょうか??

刷り込むとはどこに??

きっとそれは潜在意識に、ということなのでしょう。

少なくても、そう言っている人たちはそのつもりで言っているのでしょう。

ですが、潜在意識にはたして何かを刷り込むなどということは
できるものなのでしょうか??

潜在意識には確かに人間の心身の反応パターン等々は保存されていて、
人はそのパターンにしたがって日々、生活を営んでいます。

そして、そのパターンというのは元来、各自の日々の長い習慣的な生活が
パターンとして刻み込まれたものではあります。
それは決して意図的に刷り込んだものではありません。

実際、刷り込むなんてことはできるものではありません。
もし、そうしたことができるなら、それこそ催眠療法で、
何でも自分の思うような自分が実現してしまいます。

それは現実に無理なことなのです。
私だって現実に博士号は取得できてもノーベル賞が取れたことはありません。
こうしたことは等身大のものでないと実現されないのが現実なのです。

催眠療法は決して空想の中の出来事ではなくて、現実に作用する療法です。

こうした点、間違った認識を持っていては地に足をつけることができません。

とかく催眠療法好きの方にはそうした方が多いようですので、
この激動の歴史的な2017年の最初に述べることにしました。


(続く)

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
話は何号にもまたがって話してきてますが、
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://hypno.la.coocan.jp/
       http://www.hypnonet.info/therapy/
       http://www.hypnonet.info/
       http://www.12kenkou.com/asahi/

☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://hypno.la.coocan.jp/mag/



まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ