催眠療法メルマガ第145号

☆★☆────────────────────────────────

~臨床催眠療法博士が語る~

  催眠療法(ヒプノセラピー)

───────────────────  第145号 2017年1月30日号

そう、催眠療法は決して、何かを潜在意識に刷り込んで、
それを実現させるような療法ではありません。

もしあなたがこれまでそのように思われていらしたのでしたら、
この機会に認識を改めるようにされてください。

あなたの潜在意識にあることは決して刷り込まれたものではありません。
たとえば、日常的な習慣によって形成されたものです。

さて、でも、こういうときっとあなたは、
それでは暗示というものは何のためにあるのですか?、と
疑問に思うかもしれませんね。

もう一度言いますが、それは決して瀬在意識とかどこかに、
刷り込むためにあるわけではありません。

では、何のためにあるのでしょう??

それは潜在意識に活躍してもらうために暗示というのは使うのです。

こういうと、きっとあなたは、それは単なる言葉の遊びで
意味は同じことだと、おっしゃるかもしれません。

ですが、それは違います。

では、聞きますが、あなたが刷り込みたいこととは何でしょうか??
あるいは、あなたが刷り込んでもらいたいこととはいったい何でしょうか??

それはどういう性質のものでしょうか??

それをじっくり、次回までに、よくよく考えておいてください。
頭は使うためにあります。 決して頭突きをするためではありません。

(続く)

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
話は何号にもまたがって話してきてますが、
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://hypno.la.coocan.jp/
       http://www.hypnonet.info/therapy/
       http://www.hypnonet.info/
       http://www.12kenkou.com/asahi/

☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://hypno.la.coocan.jp/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ