催眠療法メルマガ第146号

☆★☆────────────────────────────────

~臨床催眠療法博士が語る~

  催眠療法(ヒプノセラピー)

───────────────────  第146号 2017年2月10日号

さて、あなたが潜在意識とかに刷り込んでもらいたいこと、それは何でしたか??

何一つなかったでしょうか。 それなら申し分ないでしょう。

ですが、もしかして、現状とは異なる何かだったりを刷り込んでもらいたいとは
考えなかったでしょうか??

多くの方の希望は、それは希望でも何でもなくて、現状が嫌で嫌で仕方がないので、
その嫌な状態から逃れて現実逃避することだったりするようです。

ところで、以前の健全な心身の状態を取り戻すことはこれにはあたりません。

これは確かに現状とは異なる何か、に映るかもしれませんが、
そうである以前に、もともと馴染んでいる状態であるわけです。

で、現状を拒む意識は自分自身を成り立たせた意識を否定する行為に過ぎません。
あなたの現状はあなた自身が作り上げた現実なのです。
それを忌み嫌うというのは、自分自身を忌み嫌うという意味です。

そうした現状とはある意味単に異なる状態を暗示のように与えたとしても、
それはそもそもその現在の状態を引き受けた潜在意識に受け入れられるものではありません。

つまり、いくら現状とは異なる状態を刷り込もうとしても、
そもそも現状を作り上げた意思と矛盾するため、暗示としての作用が起きるわけではありません。

暗示というものは、そのように刷り込めるものではありません。

暗示というものは、潜在意識に矛盾なく活躍してもらう与え方をしてはじめて
効力を発揮するものです。

少々微妙な内容でしたので、内容は分かり難かったかもしれません。

またの機会にもっと分かりやすく説明できる機会があれば、と思います。


(続く)

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
話は何号にもまたがって話してきてますが、
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://hypno.la.coocan.jp/
       http://www.hypnonet.info/therapy/
       http://www.hypnonet.info/
       http://www.12kenkou.com/asahi/

☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://hypno.la.coocan.jp/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ