催眠療法メルマガ第147号


☆★☆────────────────────────────────

~臨床催眠療法博士が語る~

  催眠療法(ヒプノセラピー)

───────────────────  第147号 2017年2月20日号

前回は何とも分かり難い話になってしまって恐縮です。

一点だけおさらいしておきます。
それは、暗示とは刷り込むものではない、ということです。

あと、もう一つ、催眠療法がよく誤解される点としては、
この暗示の刷り込みの他にもう一つあります。

それは退行催眠によるトラウマの解消、です。

何かと世間では一般に、催眠療法というのは2種類あって、
一つは、暗示療法で、もう一つが退行催眠療法、だと思われている節があるようです。

どっちも大きな錯覚、勘違いなのですが、
今回からは後者の勘違いを見て行くことにしましょう。
こっちの方の説明の方が、前回の説明より分かりやすいと思いますし。

さて、そういうわけで、退行催眠についてですが、
これは催眠中に年齢を退行して、主に幼い頃の記憶を思い出す技法のことを指します。

催眠中、潜在意識が活発に働いていますし、
また、潜在意識は幼い頃のとっくに忘れ去ってしまってる記憶をも
保存していますので、可能となる技法です。

尚、退行する時期を前世まで遡る退行催眠を前世退行と呼びますし、
その前世の記憶を活用したセラピーを前世療法と言います。

この技法は確かに潜在意識にアクセスしていることにはなります。
もっとも、記憶がきちんと思い出された場合に関してですが。

もし、記憶が思い出されないとか、思い出した記憶が自分の記憶ではない感じする場合は、
しっかり退行催眠ができてない、と言えます。

もちろんそれでは退行催眠療法なんてできるはずもありませんが、
これから説明することは、そうした失敗のことを対象としているのではなくて、
きちんと記憶が思い出された場合のケースから話していきます。


(続く)

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
話は何号にもまたがって話してきてますが、
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://hypno.la.coocan.jp/
       http://www.hypnonet.info/therapy/
       http://www.hypnonet.info/
       http://www.12kenkou.com/asahi/

☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除、バックナンバー:http://hypno.la.coocan.jp/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ