催眠療法メルマガ第148号


☆★☆────────────────────────────────

~臨床催眠療法博士が語る~

  催眠療法(ヒプノセラピー)

───────────────────  第148号 2017年3月10日号

さて、退行催眠のそもそもの目的というのは、
現在抱え込んでいる問題の原因が判別できないので、
その原因が、もう既に覚えていない過去にあるのではなかろうかと、
年齢を遡って、その原因を作り出した時の記憶を思い出すことが、その目的なのです。

現在抱えている問題の原因を探ることが退行催眠で(主に)なされることなのです。

ですので、逆に言えば、問題の原因が分かっていれば、
そもそも退行催眠は行う意味なんてないわけなのです。
この意味、お分かりでしょうか??

もしあなたが、ご自分の今の問題の原因が分かっているのならば、
退行催眠を行ったからと言って、何かが改善されるとかいうわけではないのです。

にもかかわらずあなたはよく、
トラウマを再体験すれば、問題の原因が何故だかわからないけど解消されて、
問題そのものが原因からすべて、消え去って解決されてしまう、と
どこかで聞かされたりしてはいないでしょうか?

あるいは、かつての嫌な出来事を思い出して再体験すれば、
それでトラウマも癒されてすべてが夢のように解決されるとか、
期待されてはいないでしょうか??

ですが、そういうことは決して起こることではありません。

こういうと、あなたはもしかすると非常に驚かれてるかもしれませんね。
それだけあなたは既に間違った情報に汚染されているということです。

(続く)

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
話は何号にもまたがって話してきてますが、
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://hypno.la.coocan.jp/
       http://www.hypnonet.info/therapy/
       http://www.hypnonet.info/
       http://www.12kenkou.com/asahi/

☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://hypno.la.coocan.jp/mag/



まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ