催眠療法メルマガ第149号

☆★☆────────────────────────────────

~臨床催眠療法博士が語る~

  催眠療法(ヒプノセラピー)

───────────────────  第149号 2017年3月20日号

さて、前号をちょっと振り返りますが、
退行催眠は普通、現在抱えている問題の原因を探るために行います。

ですので、退行催眠で得られる結果というのは、基本的には、
その問題の原因なわけです。

別に必ずしも問題の原因を探り当てたからと言って、
それがそのまま即、問題の全面解決につながるというわけではありません。

この点がとても多くの方々が何か大きな錯覚をしているポイントです。

そう、問題を探り当てることと解決することは同じではありません。

この点が私が第一義的には退行催眠を積極的には用いない理由です。

ですが、そうは言っても、原因が判明すれば、
その時点で一気に問題解決へ向かうことも決して珍しいことではありません。

これまであれこれ考えていても分からなかったことが分かったということは、
事態が大きく前進するチャンスということは少なくても言えるわけです。

ですので、退行催眠というものはただ単に原因を究明するというだけのものなので、
それが解決に結びつくというわけではないので、
催眠療法に退行催眠を取り入れることに別にポジティブな意味合いはありません、
などということには決してなるわけではありません。

退行催眠はそれなりに重要な役割を果たしてくれる場合も
決して少なくはないからです。

とはいうものの、基本的には退行催眠は用いないでも、
潜在意識にしっかり活躍してもらえれば通常、
問題は解決されていくものなのです。

ですので、催眠療法で退行催眠が表に出てくる施術が良いとは言えません。


(続く)

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
話は何号にもまたがって話してきてますが、
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://hypno.la.coocan.jp/
       http://www.hypnonet.info/therapy/
       http://www.hypnonet.info/
       http://www.12kenkou.com/asahi/

☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://hypno.la.coocan.jp/mag/



まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ