催眠療法メルマガ第15号


☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第15号 2013年2月28日号


さて、催眠療法は、何もしないで問題を解決させる療法ではありません。

です、これを勘違いされて来る方もいます。

例えば、3年前までプレゼンテーションを上手くできていたのに、
3年前に何かちょっとしたキッカケか何かで、それ以降何故か、
プレゼンテーションすると、頭の中真っ白になって、
緊張して、話すべき事をほとんど話せなくなった方いるとします。


もう一人、成人してから数名の少人数でも人前で話したこと
一度もない熟年の人いるとします。

どちらの人も、人前で話す自信ないといいます。


さて、ここで質問です。

 人前でちゃんと話せるようになる可能性の高いのは
前者でしょうか、それとも後者でしょうか?



今日は少々短いです、これはだいじな話なので、
よーく考えてください。

今日はこれで終えようと思いました
考えるって何をどう考えれば良いのか、
何の手かりもないと仰る方もいらっしゃるかもしれませんので、
とっかかりとして、以下の点、まず考えて下さい。



前者の方の場合で、問題はどこでしょうか?
考えてください。

後者の方の場合で、問題はどこでしょうか?
よーく考えて下さい。


さて、取っ掛かりを与えましたので、これで何か考えて下さるでしょうか?
答えだけ聞いてもそこからは何も得るものはありませんので。


___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/





まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ