催眠療法メルマガ第150号

☆★☆────────────────────────────────

~臨床催眠療法博士が語る~

  催眠療法(ヒプノセラピー)

───────────────────  第150号 2017年3月30日号

前回は、問題の原因を探って見つけ出すことは、
事態が大きく前進するチャンスですので、
決して無駄なこととは言えないのですが、
それが表面に出てくる施術には疑問があるということを述べました。

なぜならば、潜在意識にしっかり活躍してもらうことが、
施術には最も大切なことだからでした。

このことは同時にまた、問題の原因を探し出すことには、
デメリットも少なからずある、という面もあるのです。

中には、このデメリットのみをデメリットとしてではなく、
退行催眠の特徴として錯覚している施術者もいますので、
受けるにあたっては注意が必要、ということもいえます。

今回からしばらく、この問題を取りげてみることにします。

この特徴として表立って掲げられているものは、
トラウマの解消、のようです。

つまり、トラウマの解消のために退行催眠というものはあるのだ、と。
極論を言えば。

さらに、その中でも、これだけは表立っては掲げられてはいませんが、
過去の思い出したくもない嫌な出来事が、トラウマ、なのだと。

この点はむしろ、受ける側こそが受ける前から勝手に思っていることのようです。
いついつのこんな嫌なできごとがトラウマになって、その後の人生が上手く行かなくなった。
そのトラウマを解消させて、生まれ変わって、自分の人生を好転させたいって。

こうした人たちはとかく、トラウマでは決してない単なる嫌な出来事のことを
「トラウマ」と呼んでいる場合がとても多くありそうです。
そうしたことは本当はトラウマという表現は不適切で、単に「ストレス」と呼ぶべきものです。

世の中にはこうした類の錯覚を好んでする人たちは多いようですが、
それを幸いに退行催眠を行う施術者が多いことも事実のようです。
いえ、施術者の中には、それが本当の催眠療法だと信じてやってる人も少なくないかもしれません。

そうした施術では、この種のトラウマ(?)をいったいどのように扱うのでしょうか??


(続く)

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
話は何号にもまたがって話してきてますが、
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://hypno.la.coocan.jp/
       http://www.hypnonet.info/therapy/
       http://www.hypnonet.info/
       http://www.12kenkou.com/asahi/

☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://hypno.la.coocan.jp/mag/



まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ