催眠療法メルマガ第151号

☆★☆────────────────────────────────

~臨床催眠療法博士が語る~

  催眠療法(ヒプノセラピー)

───────────────────  第151号 2017年4月10日号

トラウマは退行催眠で解消できると世の中では施術者でも受ける側でも、
思われている節があります。

退行催眠というのは本来、現在抱えている問題の原因が判別できないために、
その原因を年齢を遡って探し出すために行われるものなのです。

もちろんそれ自体は原因を探し出す(だけ)なわけですから、
そのことが即そのまま問題解決になるというわけではありません。
もちろん問題解決に繋がる内容を思い出すわけですが、
原因が分かったからといって、それがそのまま解決だという道理はありません。

どうもこの辺をさっぱり分かってない人たちはとても多そうです。

何やら、過去のトラウマを思い出せばそのまま即、問題は何故か解決されて、
トラウマはいつのまにか消失してしまう、と考えているようです。

あるいは、単に思い出すだけでは不十分で、その思い出した出来事をそこで「再体験」して
じっくり味わうことでトラウマは消失して問題は解決されると思われている節があります。

こうした考えはおそらくブライアン・ワイス博士の「前世療法」という事実に基づく小説に
端を発しているのではないかと思います。

ワイス博士はこの小説の中で、患者のキャサリンに退行催眠を用い、
(結局は)前世にまで退行してトラウマを解消しているからです。

ワイス博士は精神科の医師ですし、論文も多数書いている方だそうです。

ですので、根拠が欠如しているわけでもないのは確かかもしれません。
(ですが元来論文発表が得意なワイス博士は学術論文ではなく小説として
発表していることなのです。)

ですが、一般にそれでトラウマは本当に解消されるものなのでしょうか??


(続く)

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
話は何号にもまたがって話してきてますが、
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://hypno.la.coocan.jp/
       http://www.hypnonet.info/therapy/
       http://www.hypnonet.info/
       http://www.12kenkou.com/asahi/

☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://hypno.la.coocan.jp/mag/



まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ