催眠療法メルマガ第152号

☆★☆────────────────────────────────

~臨床催眠療法博士が語る~

  催眠療法(ヒプノセラピー)

───────────────────  第152号 2017年4月20日号

一般にトラウマというのは、死ぬような恐怖を伴う体験に端を発するものです。
それは決して、単なる嫌な出来事の事なんかではありません。

ですが、世の中には、単なる、と言っては失礼かもしれませんが、
少なくても危険など何一つ伴ってもいない嫌な出来事のことを
「トラウマ」と称している人達が異常に多すぎるように見受けられます。

それは客観的にはトラウマなんかでは決してなく、むしろ、
日常的なストレスの範疇に属するものでしょう。

ですが、それをトラウマと言われると、どうやら施術士のほうも、その気になって、
それをトラウマとして対処しようとしている人達も多そうに窺われます。

いや、それどころか、施術士の方が、わざわざクライアントさんの過去の嫌な出来事を
「わざわざ」思い出させて、それを何とか処理しようとしている風にさせ思えます。

その何とかし方も、その(思い出したくもない)嫌な出来事をあぶり立てて、
再体験させて、その嫌な出来事を、火に油を注ぐかのように増幅させている風に思えます。

ここではっきり申し上げておきますが、
そんなことをしたからといって、決してトラウマ、というか、嫌な出来事が
解決されて(現在の)問題が消えてなくなるなんていうことはありません。

それどころか、その嫌な出来事は力を増して襲ってきますので、
辛さはかえって悪化するのが関の山なのです。
そもそも催眠には増幅作用があるものです。

ですので、くれぐれも、トラウマ解消、を謳った退行催眠には警戒しなければなりません。


(続く)

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
話は何号にもまたがって話してきてますが、
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://hypno.la.coocan.jp/
       http://www.hypnonet.info/therapy/
       http://www.hypnonet.info/
       http://www.12kenkou.com/asahi/

☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://hypno.la.coocan.jp/mag/



まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ