催眠療法メルマガ第153号

☆★☆────────────────────────────────

~臨床催眠療法博士が語る~

  催眠療法(ヒプノセラピー)

───────────────────  第153号 2017年4月30日号

退行催眠というのは、そのように過去(前世を含む)の嫌な出来事を
思い出すためにあるわけでは決してありません。

こういえば、じゃあ、嫌な出来事を思い出してしまった退行催眠はニセモノなのか?
と疑問に持たれる方々も現れてくるでしょうけれども、
それだけでホンモノ、ニセモノを見分けられるものでもありません。

退行催眠というものは、これまでにも何度か話してきたと思いますが、
現在抱えている問題の原因がわからないために、
その原因が幼少期や前世などの過去にあるかもしれない、との可能性に期待して
時をさかのぼって記憶を蘇らせていく手法です。

問題の原因なのですから、それは苦しい場面、嫌な出来事である可能性は高いものです。
ですので、いくら、苦しい場面、嫌な出来事が思い出されたとしても、
それだけでは必ずしも、間違ったおかしな退行催眠を受けていたという証拠にはなりません。

ですが、もし、普段から覚えている思い出したくもない嫌な出来事を改めて
思い出す(という言葉もここでは変ですが)、ということをさせられたのでしたら、
それは明らかに、おかしなことをされているわけです。

今、ここで改めて言うまでもないことと思いますが、退行催眠というのは、
既に忘れ去っている記憶を思い出すものであって、
それは決して、普段から覚えていることを思い出す(??)ものではないからです。

この辺のところを間違ってはいけません。
ニュアンスは正確に捉えておいてください。


(続く)

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
話は何号にもまたがって話してきてますが、
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://hypno.la.coocan.jp/
       http://www.hypnonet.info/therapy/
       http://www.hypnonet.info/
       http://www.12kenkou.com/asahi/

☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://hypno.la.coocan.jp/mag/



まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ