催眠療法メルマガ第154号

☆★☆────────────────────────────────

~臨床催眠療法博士が語る~

  催眠療法(ヒプノセラピー)

───────────────────  第154号 2017年5月10日号

さて、世の中にはそうしたわざわざ過去の思い出したくもないまだ記憶に残っている
嫌な忘れたい出来事を思い出させたり、あぶりだして再体験させることが退行催眠なんだ、
と勝手に思い違いをして、そうしたことを熱心に行っている施術所が後を絶たないようですが、
それは何も世間の施術士だけに限って、というわけでもなさそうです。

今何をここで言っているか、ですが、それはクライアントさんの側にもまた、
そうした嫌な出来事を再体験することがその嫌な出来事を乗り越えて、
そのクライアントさんが考える(間違った)トラウマを解消させることなんだ、と
何かとんでもない勘違いをしていて、わざわざそうしたおかしな退行催眠を
求めている方もいるようです。

世の中にはそのように、間違ったとんでもない退行催眠でも、
クライアントのニーズ(とは言えないニーズ)と施術士のレベルが合致している場合も、
思いのほか、多そうだ、ということも言えるようなのです。

こうした場合、いくらクライアントさんが被害を受けているとはいえ、
本人にその自覚が最初からないわけですし、本人がむしろ望んでいたわけですから、
被害を受けたと言うことにはならないのでしょう。

催眠はそれ自体には危険性はない安全なものなのですが、
このように、催眠とは直接関係のないところで、おかしなことが行われていることは、
よく耳にすることです。

どこで施術を受けるにしろ、
あなたが施術に何を望んでいるかは前もって明確にしておくことは大切です。


(続く)

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
話は何号にもまたがって話してきてますが、
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://hypno.la.coocan.jp/
       http://www.hypnonet.info/therapy/
       http://www.hypnonet.info/
       http://www.12kenkou.com/asahi/

☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://hypno.la.coocan.jp/mag/



まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ