催眠療法メルマガ第16号


☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第16号 2013年3月10日号


前回の問題、よーく考えてみたでしょうか?

簡単すぎてそれから次に何を考えて良いのか分らなかったですか?

まず、前者です、現在、現実に人を前にしてプレゼンテーション
事実上できなくなってることそのもの自体問題ですよね??
では、次に考えることは何でしょうか??
そうなってしまったトラウマを解消する必要あるということでしょうか??
それにはどのような方法あるのでしょう??

また、後者の場合、現時点では表面的には問題と言う問題は
表れてはいない、とも言えるかもしれませんね。
でも、問題はないのでしょうか??

いえ、もし問題なければ、人前で話す自信ないとは感じてないはずです。
だとすれば、どういう問題内在しているのでしょうか??
それとも、問題は表面化してくるまでは問題とはいえないのでしょうか??

さて、あなたはどう考えますか?

あるいは、目を向けるべき本質的なポイントはこれらにはありませんか??
だとすれば、目を向けるべきポイントはどこでしょうか?

何であれ、見当違いな事柄を考えていても、
物事の解決への道みつかるはずもありません。

さて、この前者、後者の見立て、あなたはどう捉えているでしょうか?
次回まで十分に検討していてください。

何度も申してますただ答えだけ聞いても何の意味もありませんので。

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/




まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ