催眠療法メルマガ第17号


☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第17号 2013年3月20日号

さて、以下の二人の場合についての考察でしたね・・・

一人は、3年前までプレゼンテーションを上手くできていたのに、
3年前に何かちょっとしたキッカケか何かで、それ以降何故か、
プレゼンテーションすると、頭の中真っ白になって、
緊張して、話すべき事をほとんど話せなくなった方。

もう一人は、成人してから数名の少人数でも人前で話したこと
一度もない熟年の人。


さて、前者の場合、かつてはきちんとプレゼンテーション
できていた《状態》あったわけです。

後者の場合、人前で話できた状態というのはまだありません。


また、こういう見方もあるかもしれません。

前者の場合、問題あるから話せなくなっている。
その問題を解決すること先決だ。

後者の場合、単にまだ人前で話したことないというだけで、
別に問題を抱えているわけではない。
単純に人前で話してみればいいだけのことだ。

あなたの見方は、先に示した見方に近いですか?
それとも後に示した見方に近いですか?

それとも、全く別の見方をしてますか?


さて、では、こういう場合はどうでしょうか?

学生の頃は人前でもきちんと話できていた
新入社員として会社に入ったばかりなので、
まだ社内でプレゼンテーションしたことはないので、
きちんとできるかどうか、自信ない人。


さあ、考える題材一つ増えてしまいましたか?

でも、この人を加えることで、相当考え易くなったと思います。

次回まで、よーく考えておいて下さい。

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ