催眠療法メルマガ第18号


☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第18号 2013年3月30日号


さて、学生の頃は人前でもきちんと話できていた
新入社員として会社に入ったばかりなので、
まだ社内でプレゼンテーションしたことはないので、
きちんとできるかどうか、自信ない人。

こういう方は単に成長の過程にいるわけなのです。
特に問題現時点であるわけではないのですから、
これまでの延長線上で、できると思って、
やればそれでいいわけです。
(以降、第3の方、と呼ぶことにします。)

もし、失敗あっても、たぶん、乗り越えて行けるでしょう。
こういう方にこの時点では特に何も必要はないでしょう。

この第3の方の場合と、先の二人を比べてみましょう。

まず、3年前までプレゼンテーションを上手くできていたのに、
3年前に何かちょっとしたキッカケか何かで、それ以降何故か、
プレゼンテーションすると、頭の中真っ白になって、
緊張して、話すべき事をほとんど話せなくなった方、
(以降、第2の方、と呼ぶことにします。)
と比べた場合、どうでしょうか?

この第2の方は以前は第3の方のような過程を踏んできているのでしょう。
もちろん、まったく同じではないかもしれません

では、成人してから数名の少人数でも人前で話したこと
一度もない熟年の人、(以降、第1の方、と呼ぶことにします)と
比べた場合はどうでしょうか?

実は第1の方は第3の方の過程は全く踏んではいないわけです。
ということは、どういうことかというと、
第3の方のレベルになることまずは必要になるわけです。

いや、もっとも、既にそのレベルにはあるのでしたら、
そもそもはじめから、人前で話せないという心配はしないものです。

第1の方はそもそも練習して、欠落している過程を踏む必要あるわけです。
もし、それできない場合は、人前で話しをすること自体を
引き受けてはまずいわけです。
この第1の方の場合は、問題これまでなかったのではなく、
問題表出する機会なかった、というだけのことなのです。

当たり前のことを話してきました
さて、第3の方は問題ないとして、セラピーの必要ないとして、
第1の方と第2の方を比べた場合、セラピーはどのように
異なってくるでしょうか?

しばらく考えてみて下さい。

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ