催眠療法メルマガ第19号


☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第19号 2013年4月10日号

第一の方、人前で話すのは、きっとまるで
清水の舞台から飛び込むような感覚のことでしょう・・・

もちろん、準備から始めねばなりません。
そう、準備からです。
物事はすっぽかして良いわけではありません。

催眠療法ですっぽかして良くなるというわけでは
決してありません。 魔法ではないのですから・・・

では、第2の方、何をすればいいのでしょうか??
やはり練習でしょうか??

だとすれば、どういう??

催眠療法は魔法じゃないので、
必要な練習はさぼれない、ですか??

よーく、考えてください。

第2の方は、そもそも、必要な手順は踏んで、
しっかりできるようになっていた方なのです。 既に。

第2の方は第1の方と同じわけでは決してないのです。
ここを見間違ってはいけません。

第2の方は現在、人前でしっかり話せる状態も
人前では頭真っ白になって話せなくなってる常態も
どちらも持ってる方なのです。

それに対して、第一の方というのは、
人前で話せるという状態なんて一度も持った事ない方なのです。
持ってる状態は、人前で話せない状態だけなのです。

もっとも、前世までさかのぼればどうだかはわかりません
なので、その点はちょっと心には留めておいたほう良いかもしれません

ちょっと整理しますね。
第3の方は準備は積んできて、まだ会社での局面ではその場きてない、
というだけの方です。
第一の方は、人前で話せた状態これまで一度もないという方です。
そして、第2の方は、人前で話せていた状態もあるし、
人前で頭真っ白になって話せない状態も、その二つのどっちの状態も
あるかたです。 そして現在はその二つのうち、後者顕現化してる方、
というわけです。
この3人中、問題はないのでセラピーの必要ないのは第3の方だけ、
ということでした。

そして、第1の方は準備から行わなければならない、と。
では、第2の方はどうなのでしょう?
第1の方の場合とは明確に違うと言いました。

第2の方の場合、どういう内容を行えば良いのでしょうか?
考えてみて下さい。

その前に、第一の方には具体的にどうするのか
先に考える必要あるかもしれませんね・・・

さあ、どうですか?

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ