催眠療法メルマガ第2号

☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る~

                          催眠療法ヒプノセラピー)

─────────────────────────────── 第2号

さて、前回、創刊号では、催眠状態というのは、体は眠っている状態と
あまり変わらないような状態だけど、意識は眠ってる状態とはだいぶ違って、
普段、起きている時と同様に、周囲のことがきちんと認識できるほど、
鮮明でハッキリしてる、ということを話しました。

さて、催眠に誘導する方法というのは特に定まった方法というのは
ありませんが、上記の話からもお分かりのように、催眠状態というのは
決して意識を失った状態ではありませんし、意識を失えばそれで
催眠状態になるわけでも決してないことはお分かりかと思います。

これまでセラピーをしてくる中で、様々なクライアントさん達と
接してきてますが、中にはとても危険な話も聞きます。

いえ、もちろん、催眠自体は説明したとおり、何ら危ない状態でも
何でもありません。 別の点に関してです。

その方はこう言いました。
「(そこでは)首をぐるぐる回されて、気絶させられた。」と。

こんなことがまことしやかに行われているわけなんですね・・・
気絶した状態は、それは気絶した状態で、催眠状態では決して
ありませんが、何も知らない素人の方にとっては、
それを催眠状態だと言ってそれで通用してしまうのが、
そこでの常識だということです。 つまりは。

このメルマガはこうした錯覚から目覚めて、正しい認識を
持ってもらいたくはじめました。

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
「メルマガへの質問」等、明記されて下さい。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/




まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ