催眠療法メルマガ第20号



☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第20号 2013年4月20日号

さて、第二の方、どのような方針でセラピーを行うの
良いのでしょうか?
適しているのはどういった内容なのでしょうか?

今は人前で何故か頭真っ白になります。
以前はこんなことはありませんでした。

何かトラウマでもあるのかもしれません。

そのトラウマを探るの良いのでしょうか?

それを解決すると問題も解決されるのでしょうか?

それとも、それは放っておいて、
人前でしっかりしゃべることできる、という
暗示を与えるの良いのでしょうか?

あなたはどう思いますか?

それとも、まず、今の、頭真っ白になるという状態を
消し去って、それから何かを行うの良いのでしょうか??

それとも、ごちゃごちゃ(セラピスト考えても仕方ないので、
思いついたことから、何でも(又は何か!)やりますか?

さて、どういうの良いのでしょう?

何ですか? もったいぶらないで早く教えろ、ですか?

そういうこと意味のないことだと以前にも、
というか、割と最近だったかもしれません
言いました。

与えられる答え自体は意味を持ちません。

あなたは考えなければ、私のこのメルマガを
読んでいる意味はありません。

おっと、その前に第一の方の場合から
考えた方良いと前回言ったのでしたっけ・・・

そうでしたね。

では、ちょっと軌道修正します

第一の方の場合、どういう方針で
セラピーを行うの適しているでしょうか?

次回までよーく考えておいてください。


___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/



まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ