催眠療法メルマガ第21号


☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第21号 2013年4月30日号

第2の方の場合の前に第1の方でしたね。

さて第1の方の場合、どういうセラピーを行うの良いのでしょう??

まず、不可能なセラピーという観点からお話ししましょう。
あり得ないセラピーは、何らかの暗示を与えて、それ(だけ)で
解決するというセラピーです。

重要な点を振り返ります、その方はこれまで《一度も》、
人前で話したことないのです。
それで、何とかしてくれ、と要求してきているのです。

催眠療法は魔法ではありません。

この方の場合、潜在意識から呼び覚まして
今に持ってくるものありません。

従って、ゼロから築き上げていく必要どうしてもあるのです。
これをすっぽかすわけには行きません。
必要なことをすっぽかすのが催眠療法ではありません。
催眠療法は魔法ではありません。

よろしいでしょうか?
こういう方は誰しも経験してきてるように、
人前でしゃべる練習をして行く必要どうしてもあるのです。
これをすっぽかすわけには行きません。

催眠療法は、この練習をスムーズに行うセラピー、
ということになります。

もちろんこうしたセラピーの場合、成果というものは、
通常の場合とは異なり、どうしても、一歩一歩という進展に
なってしまいます。 典型的でない催眠療法の進展になります
こればかりはどうすることもできません。

必要なことを飛ばせるのが催眠療法ではないのです。

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/



まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ