催眠療法メルマガ第22号


☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第22号 2013年5月10日号

さて、第2の方の場合、どうすればいいのでしょう。

以前はちゃんとしっかりプレゼンテーションできていた。
にもかかわらず、今では何故か理由はわからないけど、
真っ白になって、もう何も話すことできなくなる、
という人の場合です。

第1の方の場合と同じように、ゼロから練習をさせるの
良いのでしょうか? 随分と時間はかかっても・・・

それとも、何らかの原因あるはずなんだから、
その原因を退行催眠で探って行くの良いのでしょうか?

それとも何か別の方法ありますか?

これらの中で魔法はあるでしょうか?
3つ目のものはすべて魔法でしょうか?
あなたは何か思いつく方法はありますか?

現実的な方法は1番目しかないけど、
催眠療法では2番目の方法用いられますか??

あるいは、頭真っ白になるのは、別に
人前で話すこととは別の事で、
頭さえ真っ白にならなければ良いわけだし、
それ解決されれば済む話なので、
これは別に人前で話せないとかの問題ではないため、
そもそもやること違いますか?

さて、あなたならどうしますか?

何? それを知りたくて毎号読んでいるので、
早く教えろ、ですか?

何であれ、答えばかり知ったって、それは
知ったことにはなりません。
もっと言うと、答えなんて、いつ変わるか
わかりません。

ひょっとすると、私だって、明日には
別の事を言い出しているかもしれません。

です、仮にそうだったとしても、それは
表面のごく一部変わっただけにしか過ぎません。

全く何もわかってない人にだけ、
全く変わったと映るだけです。

さて、私何か言う前に、よーく考えてください。


___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/




まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ