催眠療法メルマガ第23号



☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第23号 2013年5月20日号

さて、再び聞きます、第2の方の場合、どうすればいいのでしょう。

おそらく、多くの方は、そうなってしまった原因きっとどこかに
あるはずだから、その場面を再体験する必要あると、
お考えになったのではないでしょうか?

あなたはどう思いますか?

そして、それトラウマとなっているとすれば、
それを解消する必要あるとお考えにはならなかったでしょうか?

そこでまず、トラウマとなってるかどうかを何らかの方法で
確認する必要あると。 こう思わなかったでしょうか?

あるいは、再体験した時点で、その時のトラウマは自動的に
解消されているので、その時点で実はすでに癒されている、
とお考えでしょうか?

ではもし、ご本人原因というかきっかけをはっきりと覚えていて、
それはとても思い出したくもない嫌な出来事だった、といった場合、
どうでしょうか? その場合でも同様なことを行いますか?

では、こちらから聞きます再体験する意味はどこにあるのでしょうか?

再体験はなぜ行わなければならないのでしょうか?

ところで、あなたはまだご存じないかもしれませんので、
ここで言います催眠というものには実は増幅作用あるものなのです。

このことは果たして何を意味するでしょうか?
まず、このことをじっくりとお考えになってください。

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/



まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ