催眠療法メルマガ第24号


☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第24号 2013年5月30日号

さて、再再度聞きます、第2の方の場合、どうすればいいのでしょう。

前号でも触れました
催眠と言うものにはそもそも実は、増幅作用と言うものあります。

ですのでもし、何かを思い出させてしまって場合、
それ増幅されてしまうということです。

おわかりでしょうか?

もし、何かトラウマじみたものでも思い出させてしまった場合、
通常はそれ増幅されてしまって、かえって苦しむ結果と
なりやすいものです。

よろしいでしょうか?

そうするとどうでしょうか・・・

下手にトラウマを探り当ててどうこうしようとすると、
それは危険と隣り合わせだということでもあります。

まして、そもそもトラウマない場合だって考えられます。

そういう場合でもトラウマをわざわざ探り当てますか?
それはなぜですか??

トラウマあるのかないのかも分からない、そして、
下手にないものを探り当てて、わざわざ辛い過去を
こねくり回していたのでは何をやっているかわかりません。

それは全くの愚の骨頂というものです。

ただ、もっとも、潜在意識は出すと本当に危険なものは
出してはくれませんので、それで生命に危険を及ぼすかとなると、
そういう状態までにはいかないものではあります・・・

何でもトラウマのせいにして穿り返して良いわけではないのです。


___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/




まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ