催眠療法メルマガ第25号


☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第25号 2013年6月10日号

そういうわけで、第2の方の場合、むやみやたらと、トラウマ
仮にあったとしても、それを穿り返して良いわけではないんです。

では、第一の方と同様にゼロから再び始めなければならないのでしょうか

さあ、どうでしょうか?

第一の方と第二の方の違いは何でしたっけ?

第一の方はそもそも必要な練習も訓練もこれまでしてこなかった人です。

第2の方は以前はしっかりできていた人です。

実はこの時点で、第2の方は再びゼロからやり直す必要なんてないのです。
以前のしっかりできてる状態というのは今では見えなくて、すっかり、
まるで消え去ったかのように、潜んでしまってますこれは決して
消え去って失われてしまったわけではないのです。

潜在意識にはまだまだ以前のしっかりできていた状態というのは、
残ってるものなのです。

潜在意識はいったん身に着けたものは失われてしまうことはありません。
それまでのこと無駄になるなんてことはありません。

そして、催眠療法で行うことというのは、この状態を再び
潜在意識から浮上させて、顕現化させて、そしてそれを現在に
安定化させることなのです。

でも、はたしてこれは、もしトラウマある場合、それを避けて、
成し得る技なのでしょうか?

あなたはどう考えますか? 考えなければ何聞いても身になりませんよ。

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/




まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ