催眠療法メルマガ第26号



☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第26号 2013年6月20日号

さて、第2の方の場合、もし、トラウマある場合、
それを避けてセラピーは成り立つのでしょうか??

考えてみましたでしょうか??

こういうことはちゃんと考えておかないと、
今ここで私の話を聞いても、しっかり消化できるものではありません。
ちゃんと考えておくようにしてください。

では次回まで、というのも何ですので、ちょっとヒントだけでも
出しておくことにしますね。

もし貴方ちょっと何かに擦ってかすり傷を負ったとします。
あなただったらどうするでしょう?

その時の温度と湿度、天気、気圧等をまず調べるでしょうか?

それとも、擦った物の材質を調べるでしょうか?

それとも擦った物の製造年月日を調べるでしょうか?

それとも擦った物の製作者を調べるでしょうか?

それとも擦った物の製作者の血液型を調べるでしょうか?

それとも擦った物の製作者の誕生日を調べるでしょうか?

それとも擦った物の製作者の誕生日の天気を調べるでしょうか?

それとも貴方その時履いていたパンツの製作者を調べるでしょうか?

それとも・・・・・?

それとも何もしないでしょうか?

それとも、まず水で洗うでしょうか?

この中で解決に向かうのはどれでしょうか?

普通、意味のなさそうなものはどれでしょうか?

全く何の意味もないものはどれでしょうか?

また、あなた蛇かなにかに噛まれて傷を負ったとします。
でも、たいしていたくなかった場合、どうしますか?

放っておきますか?

それとも、蛇をつかまえようとしますか?

それとも、一刻も早く専門の医師に診せますか?

それともまずその蛇の年齢を調べますか? どうやって??

次回までよーく考えてみてください。 今度こそは。



___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/




まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ