催眠療法メルマガ第27号



☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第27号 2013年6月30日号

多くの場合、例えば、ちょっとしたキズを負った場合など、
その傷猫にひっかかれて負った傷なのか、それとも、
何かにこすってできた傷なのか、あるいはそれとも、
子供にひっかかれてできた傷なのか、明確な特定できなくても、
傷の治療は普通はできるものです。

ましてや、それできたときの気温や湿度、相手あるなら相手の名前や
誕生日とか血液型などは、全く何の関係もない場合普通です。

もっとも、毒蛇にかまれたような場合は特別な場合ではあります・・・

トラウマ仮にある場合でも、たいていはそれを特定する必要は
特にない場合多いものです。 もちろん、毒蛇のたとえのように、
トラウマの対処の必要ある場合も中にはあるわけです・・・

むしろ、下手にトラウマに触れると、それかえって力を増して、
現在に蘇ってくるものです。 催眠には実は増幅作用あるからです。

これを軽視して、何でもトラウマ処理と称して、トラウマを探り当てて、
それをこねくり回すのは愚の骨頂と言えます。

ましてや、覚えている過去の嫌な思い出したくもない出来事を
わざわざ穿り返して、嫌な思いを再体験させたところで、
トラウマ解消されるどころか、それは力を増して現在に影響を与え、
嫌な思いはさらに力強い嫌な思いとなって何のセラピーになるものでも
ありません。

こうしたまいものの療法をあなたは受けたことはないでしょうか

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/



まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ