催眠療法メルマガ第28号



☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第28号 2013年7月10日号

そういうわけで、トラウマに触れて良いというわけではありません。

実際、トラウマに触れることなく、元通り戻る場合のほう
多いものなのです。

さて、第2の方、もともとしっかりプレゼンテーション
できていた方でしたよね。

今はその状態すっかり影を潜めてしまって、その逆に
話し出すと、頭真っ白になって話できなくなってしまう、
という状態になっているわけです

実は潜在意識の中では、しっかりできていた状態というのは
決して消え去っているわけでは決してありません。

潜在意識下では、隅に追いやられているとしても、
以前の、しっかりプレゼンテーション上手くできている状態は
実はしっかり存在しているのです。

ただ、それはもう顕在化しているわけではない、というだけで。

もう、お分かりでしょうか?

第2の方の場合、何もゼロからまた練習する必要など全くなく、
潜在意識から、このちゃんとできていた以前の良好な状態を
再び浮かび上らせて表出させれば、それで出てくるのです。

それに練習など必要ありません。

そして、表出させたその状態を現在にすっかりと馴染ませて
定着させれば良いわけなのです。

言葉で言うとこういう説明になります、実際の施
この言葉通りには行かないだろう、と思われているかもしれません

受け取り方は個人個人で異なってるかもしれません。

ある人には、この言葉の額面通りのはずはないでしょ、と
言ったほう良いかもしれませんし、また、別の人には、
貴方思ってる以上にこの言葉通りのことだよ、
と言ったほう良いかもしれません。

こればかりは、こうした一般向けのメルマガでは
説明的確にはできないところかもしれませんね。

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/




まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ