催眠療法メルマガ第29号


☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第29号 2013年7月20日号

さて、そういうわけで、第2の方の場合は基本的には
解決は簡単なように受け取られたと思います。

トラウマを避けて通って良いように聞こえたかもしれません。
しかも、ゼロからやる必要はないとすると、
こんな簡単なことはないように受け取らなかったでしょうか??

ここで、実はそんな甘いことなどあるはずはありません、というと、
ご納得される方は多いかもしれません。

では、果たしてどうなのでしょうか??

繰り返し何度となく申してきてます
そもそもこの方は、もともとちゃんとできていた人です。

そして、その状態は隠れているとは言っても、
決して消え去ったわけではなく、
潜在意識に、ちゃんと残っているはずなのです。

そして、我々はこの潜在意識とかかわって、
味方についてもらうのです。

ここ、他のセラピーとは決定的に異なる点なのです。

通常、しっかり誘導された催眠状態で、
この以前はしっかりできていた状態というものは、
再び浮上させてくることできるものです。

もちろん、これには一種独特のコツあるわけです
そもそもこれはこのセラピー最大の特徴となる芯の部分です。

もうお分かりでしょうか・・・?

一見、そんな甘くできるはずないでしょ、と思えること
(しっかりと習熟っした方ならば)施でできるの
我々の催眠療法なのです。

あなたにもそれできるかもしれません。
(甘くないかもしれません・・・。)


___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ