催眠療法メルマガ第3号

☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る~

                          催眠療法ヒプノセラピー)

─────────────────────────────── 第3号

催眠に入れて、そこで暗示を与えてそれに従わせるのが催眠療法だと
思われてる方が数多くいらっしゃいます。

催眠状態というのは、そうした人にまるで強制的な力でも加えて、
たとえその人の意志に反したことにでも従わせることが出来る状態だと。
そうして人を操ることが催眠療法だと勘違いされてるかたが実のところ
数多くおります。

ですが、創刊号からお伝えしているように、催眠状態でも自覚できる
意識の状態は普段と変わらず周囲の一切のことが普通に認識できます。

普段通りに認識できてるわけですから、実のところ普段とは変わらずに、
嫌な事はやはり嫌なのです。 したくないことはやはりしないのです。
そこで何かが変わるわけではないのです。

例えば、麻酔でしたら、身体的に、肉体的に物理的化学的に薬品が
体に作用して、本人の自覚できる意識にかかわらず、体を強制的に
麻痺させて感覚を奪うわけですが、それに対して、催眠状態には
そうした強制的な力で何かを心身に対して行うということは
できないものなのです。

催眠で人を操ることは実はできないことなのです。
___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/





まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ