催眠療法メルマガ第30号


☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第30号 2013年7月30日号

さて、第2の方の場合、こういう時こそ、催眠療法の出番といえます。
元のしっかりできていた状態、これは通常たやすく蘇らせることできます。

今、たやすく、と言いました。 この言葉は語弊あったかもしれません。
もちろん、正しい催眠療法を行えば、という前提のもとの話です。

それをどうやって行うかはここでする話ではありません
この事実だけはしっかり受け止めておいてください。

つまりどういうことかと申しますと、
受けるところを間違えれば意味はないということです。

きちんと行えば、蘇ってきます。
これできるのは、潜在意識からその状態を引っ張り出してくる
ことできるからです。

このためには第一にまず、しっかりと催眠状態に誘導できていなければなりません。
もちろん、それだけで十分というわけではありません

トラウマある場合でも通常はそれに触れることなく
蘇らせることできます。

むしろ、下手にトラウマに触れると逆に、蘇るものも蘇れなくなってしまいちです。
ここは注意する必要あります。

逆に言えば、いかにトラウマに触れることなく、
良い状態を蘇らせることできるか腕、とも言えるわけです。

こうした点は何とも微妙なところと言えるかもしれません。

そういうわけで、トラウマに触れない点首尾よく良い状態を
蘇らせる大きなポイントとなる点でもあるわけです。

セラピーはそうした点も踏まえて行うわけです。
そしてそれは現実的に十分可能なのです。


___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ