催眠療法メルマガ第31号


☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第31号 2013年8月10日号

こういう次第で、第2の方の場合、トラウマには一切触れず、
もともとのちゃんとプレゼンテーションしっかりできていた状態
というものを蘇らせることできるものなのです。

それでは、セラピーはそれで終了というものなのでしょうか??

蘇ったのだからそれで完了と言えるのでしょうか??

貴方はどう思いますか?

もう一度聞きます。

以前のように、プレゼンテーションしっかりできている状態
蘇って再浮上してきた。 それで完了なのでしょうか?

本人はまだ現場を踏んでいないわけです。
本人は意識の上では元通りしっかりできる意識になってます。
です、まだその現場は踏んでいません。

現場を踏んで大丈夫になって、セラピー完結するのは
言うまでもないことでしょう・・・

では、ここで質問です。

もし、本人の意識の上で、以前同様にちゃんとできる、
という状態得られないで、これは昨日までのように
やはり無理そうだな、とか、やってみるまで何とも言えない、
といったような状態しか得られないで、

これは以前同様に、しっかりできそうだ、という状態
得られてない場合はどうなのでしょうか?

もう一度、質問します。

もし、以前のようにプレゼンテーションちゃんとできてる状態
再浮上してこない場合は、言うまでもありません
セラピーはちゃんとできてはいないわけです。

時間経つにつれて、次第にできるようになってくるようなものでは
決してありません。

しっかりできてる良い状態は、再浮上されていなければなりません。

そこで、しかしなら、今プレゼンテーションしたら、
以前のようにはできそうもないという意識あった場合、
貴方なら、どう思いますか?

ごちゃごちゃしましたか?
今、セラピーは完了ではないという話を別の層にまたって
してしまったので混乱してるかもしれません・・・。

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ