催眠療法メルマガ第32号


☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第32号 2013年8月20日号

さて、前回の話は混乱してるかもしれませんので、一度ここで、
整理しておきます。

第2の方の場合、以前のちゃんと上手くプレゼンテーション
できていた状態というものは通常、再浮上してきます。

(注. ここで第2の方といってる人どういう人を指しているか
わからない方は、それ分かるまでバックナンバーを遡って
お読みください。 何号も遡る必要あります。)

もし、以前のように良い状態再浮上してこない場合は、
セラピーちゃんとできていないことになります。

セラピーきちんとできてる場合、良い状態は再浮上されてきます。

そこでです、ここから2つの層にまたって話をしたので、
前回、混乱されたかもしれませんね。

順番に話直すことにします。

セラピーきちんとされて、以前の良い状態しっかり再浮上された場合でも、
意識の上では、これからプレゼンテーションやってみても以前のようには上手く
できる感じしない場合、はたしてどうなのでしょうか?

あるいは、何ともいえないという感じ湧き上ってくる場合、
はたしてどうなのでしょうか?

よくよくじっくり考えてみてください。

少なくともハッキリ言えることは、その状態でいなら、
時間経つにしたって、少しずつ上手くできるように
なってくるようなことはありません。

また、そのような状態で何度もセラピーを行うことによって改善されていくことも
ありません。

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ