催眠療法メルマガ第33号



☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第33号 2013年8月30日号

さあ、第2の方の場合で、以前のしっかりプレゼンテーションできてる
良い状態再浮上してくれたにもかかわらず、意識の上では
以前のような良い状態でできるようには思えないような場合、
それはセラピー上手く行ってるとは言えません。

できるかどうか何とも言えないような状態にある場合も同様に、
セラピーは上手く行ってるわけではありません。

そうした状態を放っておいて上手く行くわけではありません。

良い状態再浮上してくることはとても重要です、同様に、
そうした状態で今もできる、という実感当時のように
湧いてくることもとても重要なのです。

心の上で、これは大丈夫、できる、という状態得られなければ、
現実も上手く行くはずはないのです。

こうした二つのポイントをしっかりとセラピーではクリアーされて
いる必要あります。

通常はこれらは初回のセッションでクリアーされるべきものです
例外的な場合もないわけではありません。
例えば、睡眠不足で眠たくて、催眠中、眠らないように我慢するのに
精一杯でセラピーどころではなかった等々、といった場合です・・

もし、この2点クリアーされてない場合、セラピーは
そうした状態で冗長に続けて良いわけでは決してありません。

世の中には、作用しない方というのもいらっしゃっるものです。
中には作用してるにもかかわらず、自分で作用させなくしてる方も
おります、そうした方は次回34号で触れることにします。

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/



まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ