催眠療法メルマガ第34号


☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第34号 2013年9月10日号

さて、問題解決に当たっては、大丈夫、以前のようにできる、
という心の状態まずできなければ、セラピーは失敗だと言いました。

そして、でも中にはセラピー上手く行っているにもかかわらず、
自分で自ら作用させなくしてる方もいると言いました。

それははたしてどういう方の場合でしょうか?

セラピーでは以前のちゃんとできていた時の状態蘇ってきます。
それに伴って、さっきまでの調子を崩している状態は隅に追いやられます。
中央の座に修まるのは以前の良い状態です。

あとは、これを現実の場でもその通りに再現して行くわけです
別にさっきまでの調子を崩している状態は消滅してるわけではありません。
それは隅に追いやられているというだけなのです。
それはついさっきまで以前の良い状態追いやられていた場所なのです。

以前の良い状態はその場所から中央の座にせっかく戻ったのです。
ただ、まだその場所は安定したとは言えない状態です。

逆に言えば、たった今、隅に追いやられたさっきまでの調子を
崩した状態だって、再びさっきまでの中央の座に戻そうと思えば
簡単に戻すことできるのです。 何しろさっきまでいた場所ですから。

自分で作用させなくさせる人とは、自分でさっきまでの、
調子を崩した状態に戻す方です。
調子を崩した状態を、隅からさっきまでの中央の座に自分で戻す人です。

それは言うまでもありまえん、セラピーとは逆のことを
やっているのです。 逆のことをやっているわけですから、
逆の結果出るのは当然のことなのです。

これは誰だって簡単にできることです。 その気にさえなれば。
さっきまでの悪い状態を感覚を確かめなら思い出していると、
それは確実に戻ってくると思ってよいでしょう。

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/



まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ