催眠療法メルマガ第35号


☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第35号 2013年9月20日号

前回は、本当は作用しているのに作用しない方と言うのは、
自分でわざわざ、セッション前の状態を思い起こして、
それを再び、せっかく隅に追いやった状態から中央の座に戻す人、
だと言いました。

さて、そもそも作用してない人というかたもいるわけです。
ただ、今その話をしても、話ある意味どんどん脇に
逸れていきますので、それは後ほど触れることにします。

今ここで話しているのは、単にかつてのきちんとできていた
良い状態現れてきただけでは十分ではない、と言う話で、
その一つ目の話を何号かにまたってしてきました。

必要なことは、心の状態で、これは以前のように
しっかりできそうだ、という感じあることです。

心の状態こういう状態になっていなければ、まず、
いくら、かつての良い状態現れてきていても、
成功とは言えません。

では、かつての良い状態現れてきて、なおかつ、
心の上でも、ちゃんとできそうだという気になっていれば、
それでセラピーは完了なのでしょうか?

はじめに申してます、(何号か遡ります)、
現場も踏んでいないのに完了とは言えるものではありません。

では、いきなり現場を踏んでも良いものなのでしょうか?

この質問、ひょっとして意味わかりませんか?

もしかするとまだ説明する必要あるのかもしれません。

再浮上してきたかつてのしっかりできていた良い状態、
この状態は今、中央の座に返り咲いたとはいえ、
まだ、その座に安定して納まっているいるわけではありません。

以前にも言いました、セラピー前の悪い状態に再び
中央の座を奪われて、それに再定着されてしまっては失敗なのです。

その状態は今、隅に追いやられているだけで、
それはそこから消え去って行ってくれる必要あるのです。

それはまだ消え去っているわけではありません。
せっかく蘇らせたかつての良い状態は安定してくれる必要あるのです。

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
話は何号にもまたって話してきてます
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/



まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ