催眠療法メルマガ第36号


☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第36号 2013年9月30日号

さて、そういう次第で、せっかく蘇ってきたかつての良い状態、
それを安定させていく必要あるのです。

この状態安定してくれれば、それに伴ってそれとは相反する
セラピー前の問題の状態は、隅から外に落ちて、
枯れていくわけです。 そして、それに伴って良い状態は
さらに定着を深めてくれて、セラピーは完了するわけです。

そこで、初回のセッション後にいきなり問題の場面に
遭遇することはできる限り避ける方望ましいのです。

もちろん最終的には問題の場面を踏み込んで乗り越えて、
最終的な定着を行うわけです、問題の場面というのは、
定着を深める機会である一方、それと同時に、
セラピー前の元の状態にひきずりもどされてしまう可能性の
最も高い機会でもあるのです。

ですので、可能な限り、練習できる状況で地ならしから
始めるの良いのです。

たとえば、この第2の方のような場合、いきなり
本番のプレゼンテーションではなくて、数人を前にした
ちょっとした話などで地ならしをするのです。

そうして徐々に問題の場面に近い場面へと慣らしていくのです。
それと更なるセラピーと、この両方からのアプローチで
定着を深めて行きます。

回を追うごとに定着は深まって行きますので、
見通しもたちますし、自信も回復されてきます。

ただ、場合によっては、何かの拍子にセラピー前の
まずい状態に戻ってしまう危険はついてまわります。

その最もあり得る場面というのはまさに地ならしをしてる
時です。 何も本当の現場を踏まなくても、戻されるときは
戻されます。

それは、まだ良い状態定着していないから起こることなのです。

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
話は何号にもまたって話してきてます
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/



まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ