催眠療法メルマガ第37号


☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第37号 2013年10月10日号

さて、では、なんかの拍子にもとのまずい状態にもどされてしまう人は
セラピーは失敗と言うことなのでしょうか?

もちろん、そうではありません。 何度も言ってきてます
まだ良い状態定着してないから、そうしたことあり得るのです。

作用はしっかりしているので、基本的には以前の良かった状態に
戻れるのです。
セラピー前の状態に戻されたとしても、自力では困難です
再びセラピーを受ければ、再び以前の良い状態は浮上してきますし、
やはりそれを定着させて行くこと基本的にできる点は変わりありません。

ただ、ひきずり戻されてしまった点はロスにはなってはしまいます。
ですので、徐々に慣らして行くほう急ぐよりも望ましいのです。

また、次のセッションを行う時期はセラピー後、まだまだその状態
消えずに残っている時期に行うべきです。 だいたい1週間、
長くても2週間以内です。

セッション後、時間をおけば、減衰して良い状態は薄らいで行きます。
それは決して催眠の有効期間というわけではありません。

良い状態一度定着してしまえば、それは半永久的です。

決して、催眠には有効期限あって、その期間は効果続いてるけど、
それ切れると効果も切れるので、その時にまたセラピーを行う、
などというものでは決してありません。

もしかすると、この点を誤解されて読んでいる方も多かったかもしれません。

重要なことですので、もう一度言います。

催眠には有効期限というものあって、その期間を過ぎれば、
催眠の作用は失われる、などというものでは断じてありません。

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
話は何号にもまたって話してきてます
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/



まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ