催眠療法メルマガ第38号


☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第38号 2013年10月20日号

セッション後の良い状態は1回のセラピーではまだ安定してませんので、
時間と共に減衰して行きます。

2回目のセッションはまだその良い状態(だいぶ)残ってるうちに行い、
良い状態を定着へと向かわせます。
それに伴って減衰も緩やかになって行きます。
そして最終的に問題の場面を現実に踏んで、良い状態を減衰させることなく
乗り越えて、最終的なセラピーの完了となります。

そして、完了となった場合、基本的にはセラピーはもう必要なくなります。
もう良い状態は定着されてるわけですから。

どの時点で完了となるか、随分何号にも渡って書いてきました。

さて、催眠状態でかつての良い状態浮上してきた方は基本的に
作用してるかただと言いました。

作用しない方は、催眠状態でかつての良い状態浮上してきません。
作用してないかたはこういうかたです
ただ、この中には本当は浮上してきているにもかかわらず、
自分でわざわざそれを否定して打ち消して奥に再びひっこめる方や
わざわざそれまでのまずい状態を思い出して、それを隅には追いやれないで
中央の座に留めておく方々おります。

せっかく催眠状態に入っても、こうして自分で作用させない方々は
いるものです。 まったくもったいないことです
ほんとうはその状態の方好きな方なのかもしれません。

また、そもそも催眠に入らないかたも5%~10%程度は見受けられます。

その中にも様々なタイプの方はいそうですここでは触れません。


___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
話は何号にもまたって話してきてます
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/



まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ