催眠療法メルマガ第39号


☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第39号 2013年10月30日号

さて、セラピーは良い状態を安定させてはじめて完了だと言いました。

セラピーは決して良い状態を一時的に作り出して、はい終わり、
というものではありません。

また、定期的にセラピーを続けて良い状態をキープしていかなければ
ならないものでもありません。

良い状態をしっかりと習慣として定着させるものなのです。
そうなればもうセッションは必要なくなるのです。

それまでの回数も数回で終わるものです。

一番注意を要するのは初回終了から2回目までの間です。
定着は進んでおらず、まだまだ元のまずい状態に戻されやすい時期だからです。

また、中にはトラウマにどうしても触れていく必要ある場合もあります
です、これは決して割合的に高いものではありません。

よく、何もわからず、初めからトラウマを蒸し返す施所も数多くあります。
です、これは決して好ましいことではありません。

なぜならば、催眠には増幅作用あるからです。
不用意にトラウマに触れると、それにかかわることを増幅させて
現在に持ち込んでしまうからです。 実は注意必要なことなのです。

そうは言っても、潜在意識は害になることにまで受け入れることは
ありませんので、生命に危険及ぶことはありません
嫌な思いを蒸し返されてかえって状態悪くなったという話や
催眠以外のところで嫌な目に遭ったという話は随分と聞いてきてます。
(もちろんよその施でです。)


___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
話は何号にもまたって話してきてます
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/



まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ