催眠療法メルマガ第4号

☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る~

                          催眠療法ヒプノセラピー)

─────────────────────────────── 第4号

前号の話、さらにもっとより分りやすい例と比べてみましょう。

例えばあなたが虫歯になって歯医者に行ったとしましょう。
歯医者さんは、悪くなった歯をドリルで音を立てて削るわけです。

ここで音はどうでも良いですが、ドリルはあなたの歯を削るわけです。
時には必要があって歯の良い部分まで削ることもあるでしょう。

歯医者さんのこの作業は、あなたが拒絶すれば別ですが、
歯医者さんが歯を削る動作は歯医者さんが自分で決定して行う動作で、
それをあなたの意思がコントロールしてるわけではありません。

あなたは歯医者さんに任せて何もしないで椅子に座っているだけです。
そして、細かいところはあなたの意思とは関係なく、歯医者さんの
削り方だけで、歯は削れて行きます。

あなたはただ漠然と歯が削られたことを認識するだけで、
具体的には細かいところまではわかりません。

もっと言うと、怪しい歯医者さんが全く削る必要のない箇所まで削ったとしても、
何も知らないあなたは、あなたの意思でそれを拒絶することはできないでしょう。

さらに、歯医者さんの腕が悪くて、隣の全く良い歯を削ったとしても、
それは実際に現実に生身の良い歯が削られるわけです。

それはもう、言うまでもありませんが、取り返しのつかないことです。
物理的な事柄というものは、例外なく、そうしたものです。

それが催眠の場合はとなると、全てのことがあなたの認識下にあるわけです。
ですので、もし、もしの話ですが、あなたがこれは嫌だと思えば、
そう思った瞬間に、暗示は作用しなくなりますし、それどころか、
催眠それ自体からも抜け出してくることになります。

催眠というものはそうしたものなのです。

催眠とは、そうした外部からの強制力の全くない状態なのです。

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/





まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ