催眠療法メルマガ第40号


☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第40号 2013年11月10日号

初回でしっかり作用していたにも関わらず、あっという間に、
その良い状態失われて、元のまずい状態に戻ってしまう方
数の中にはいらっしゃいます。

こういう方の場合、ご自身で何らかの理由でわざわざ自分で
それまでのまずい状態でないことを確かめようとする方の
可能性まず考えられます。

別に身体的にその状態にいれなくしたわけでは決してないので、
決してそれまでのまずい状態になれなくなったわけではないので、
それは簡単に何の努力(?)もなく戻ってしまいます。

そうやって自分でわざわざ嫌な状態を呼び覚ますようなことは
セラピーと丁度逆のことをやってることになるわけです
時折そうした方見受けられることは事実です。

下手な実験は意に反して当然成功してしまいます。
果たしてそういう方は良い状態を本当に望んでいるのでしょうか。

心身の反応パターンは意思によってもある程度コントロール可能です。
誰だって自分の好む方にそれは向けているものです。
つまり、そうしたある種実験を(自覚なく)される方というのは、
解決する意思のない方というの実際のところと言えそうです。

こうした方はセラピー終わった直後から自分で戻しだします。
性格的な特徴としては、何かにつけて自信ない方多いようです。

こうした方でなく、初回セッションでしっかり作用しているにもかかわらず、
あっという間に元のまずい状態に戻ってしまう方います。

こうした方は本人の自覚のないトラウマあって、それ原因となって
問題を引き起こしている可能性ある場合です。

こうした時こそはそのトラウマの処理をなさなければならない時です。


___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
話は何号にもまたって話してきてます
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/



まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ