催眠療法メルマガ第41号


☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第41号 2013年11月20日号

このようにトラウマあってそれを解決しなければならない場合
というのは決して多いわけではありません。

というと、あなたはきっと、自分だって過去に随分と嫌なことは
あって、それらは覚えているし、そういう事実からしても、
トラウマを抱えてそれ原因で問題起きてる方は随分と
多いのではないか、だから、そのトラウマ解消はセラピーでは
必須ではないのか、と思われるかもしれませんね。

ですそれは大きな誤解と言えそうです。
と言うのは、通常、誰にだって嫌なことくらいあるものですし、
そうしたストレスに打ち勝って生きているの普通の人間だからです。

それに、覚えている嫌な事なら、それはトラウマではなく、
嫌な事でしかないのです。

意識にもまったく登って来ず、忘れてしまっていることにこそ、
トラウマは潜んでいるものなのです。

そうしたトラウマこそは浮き上らせて認識下に持ってくる
必要あります。

しかもたいていは、それほど嫌な事というわけでもなく、
むしろ、何か間違った思い込みだったりするものです。

そうした間違った思い込みを自覚できるところまで
浮き上らせる必要あるのです。

それを、記憶にある覚えていて意識上に既に現れてきてる
嫌な出来事を思い出し(?)ていては、
それにかえってエネルギーを与えてしまって、
その影響力をただ増大させてしまうことになるだけです。

それを、蒸し返す、と言います。

それではセラピーにも何にもなりません。

実のところ、世の中にはそうしたおかしなセラピーもどきは
多いのです。


___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
話は何号にもまたって話してきてます
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/



まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ